よくわかる心理統計

よくわかる心理統計(ミネルヴァ書房)

よくわかる心理統計 (やわらかアカデミズム・わかるシリーズ) すうがくぶんかの内場です。今日は私が統計学の指導で最もよく使っている書籍『よくわかる心理統計』についてお話します。この書籍の良いところは、統計学の初歩をユーザーの視点で解説しつつ、数学を用いた説明も欠かさない、そんなバランスの良さにあります。

統計学の初歩を勉強するとき、決まってぶつかるジレンマがあります。まずは統計学をユーザーだと割り切って、手法だけさらったとしましょう。でも結局、十分に理解できていない手法の選択は「本当にこの手法でよかったのか?」という一抹の不安を抱かせるものです。

もちろんうまくいくこともあるかもしれませんが、しばしば、その手法が実際に適切でないこともあります。うまくいかなかった場合に、その手法に隠された数学を読み解いてみようと思っても、それはそれで数学のセンスが要求されるのです。

多くの統計学の参考書が、ユーザーズマニュアル的な手法のおさらい or 数学を用いた抽象的な解説に偏っているなか、この本はそうではありません。どちらも適切なレベルで解説する心配りがあるのです。さらにはコラムに発展的な話題を振ることで、統計学の初心者が陥りがちな多くの不安や疑問を解決するヒントを提示しています。まさに入門書の鏡です。

ただ一つウィークポイントを挙げるとすれば、解説されている手法に古いものもあるということでしょうか。それでも、この本を「心理統計」の本として割り切ってしまうのはもったいない。
ぜひ統計検定2級の受検を考えられている方や、統計学を勉強したいが何から手を付けてよいかわからないという方にこの本が知られていけばと思っています。

Posted in .