微分積分入門

2019年度後期(10月-2月)開講分、お申込受付中です。こちらからお申込みいただけます。

calculus

講座の概要

微分積分はその誕生当初から様々な科学や技術に応用され続けており、現代の生活もそれなしには成立しません。ものごとの変化を記述したい、大きさをはかりたい、という二つの素朴な問題が密接に関係する。この事実は微分積分学の基本定理とよばれるもっとも基本的な事実です。本講座では、上の事実を理解することを目標にしながら、微積分を使った様々な計算手法を解説し、その応用としてより身近な問題を解いていきます。また歴史的背景にも触れながら、いかに「無限小」という概念が数学的に扱われるようになったかを見ていきます。

受講にあたって

受講にあたって役に立つ知識
・高校数学の知識(大人のための高校数学IIB
目標
・様々な現象を記述する上で必要な微積分の理解と計算技術を習得する。

カリキュラム

1. 一変数の微分
2. 一変数の積分
3. 多変数の微分
4. 多変数の積分

受講詳細

お申し込みは、お申込みページからお願いします。
※お手数ですが、件名に『微分積分入門』を選択のうえ送信をお願いします。

名称 微分積分入門
講師 井汲景太
日程 毎週土曜日 17:00-19:00, 10/5-2/22(年末年始休み12/28, 1/4)
場所 東京都新宿区西新宿7-4-4武蔵ビル8F会議室
ご案内:東京靴流通センターの店舗の左隣に武蔵ビルの入口があります。ビル内のエレベーターで8Fまでお上がりください。
※会場が変更となった際には、事前にご連絡をさしあげます。
教科書 講師オリジナルテキスト
※ テキスト代は受講料に含まれています。
受講料 19,500円/月
持ち物 筆記用具

お申込み

お名前 (必須)


件名(必須)

お問合せ内容 詳細


講師からの一言

微積分を習得する上では、様々な関数の微分や積分をできるようになることと様々な操作や極限といった概念を理解することが必要です。この講座では演習問題を多く用意することで計算に習熟していただくと共に、教科書等では伝えづらい数学の背後にある考え方についてもお伝えします。またこの講座を通して、微積分の考え方が様々な現象をいかにうまく説明するか、また理論自体がいかにうまく組み立てられているかを味わっていただきたいと思います。

開講スケジュール

第1講 10月5日
第2講 10月12日
第3講 10月19日
第4講 10月26日
第5講 11月2日
第6講 11月9日
第7講 11月16日
第8講 11月23日
第9講 11月30日
第10講 12月7日
第11講 12月14日
第12講 12月21日
第13講 1月11日
第14講 1月18日
第15講 1月25日
第16講 2月1日
第17講 2月8日
第18講 2月15日
第19講 2月22日