現代数学レクチャーシリーズ第7回 p進タイヒミューラー理論とその周辺

2022年度2月開講講座の録画販売についてお申し込み受付中です。

講演内容

幾何学と数論が交差するp進タイヒミューラー理論は,とても魅力的な数学理論の一つです.
しかし残念ながらその内実は,数学者の間でもほとんど知られていません.
そこで今回は基本的なところからはじめ,動機や背景,そして関連トピックについても紹介しながら,
p進タイヒミューラー理論のココロを説明します(難しくなりすぎないように出来る限り配慮いたします).
昨年9月におこなわれたタイヒミューラー祭りでの講演よりも,丁寧かつ充実した内容をお届けする予定です.

講義内容紹介映像

第4回現代数学レクチャーシリーズ「タイヒミュラー祭り」にて、若林先生には「p進タイヒミューラー理論 –失われた形を求めて–」と題してご講演いただきました。
ご講演の映像がこちらよりご覧いただけますので本講座への導入としてぜひご覧ください。

予習回について

先生のお話を十分に理解するための予習回として、すうがくぶんかの講師が予備知識について解説いたします。
予習回では、上記第4回の若林先生のご講演でも登場した
・有限体
・p進体
・代数曲線
・リーマン面

についての基本的な内容を紹介します。
また、これらの概念を理解するために必要な代数学の基本的な知識や複素解析の入門的な内容から解説します。

講座詳細

名称現代数学レクチャーシリーズ第7回 p進タイヒミューラー理論とその周辺
講師若林泰央(東京工業大学理学院数学系助教)
(予習回は梅崎直也(すうがくぶんか))
日程若林先生の講義:2月20日(日) 13:00-18:00

すうがくぶんか講師による予習回:2月13日(日) 13:00-18:00

場所予習回、若林先生の講義共にzoomを用いたオンライン講座として開講いたします。
受講料予習回から参加25,000円(若林先生の講座のみ15,000円、予習回のみ10,000円)

クレジットカード支払いはこちらのページから。

持ち物筆記用具
その他・授業は録画されます。授業終了から2年間オンラインにて見放題となります(ダウンロード不可)。
・動画視聴のみの受講も可能です。アーカイブのご視聴をご希望の方はこちら

お申込み

※お手数ですが、件名に『現代数学レクチャーシリーズ第7回 p進タイヒミューラー理論とその周辺』を選択のうえ送信をお願いします。

    お名前 (必須)


    本番のみ参加予習回のみ参加両方参加

    件名(必須)

    お問合せ内容 詳細

    現代数学レクチャーシリーズについて

    社会人のための数学教室「すうがくぶんか」は東京工業大学理学院にご協力いただき、社会で活躍する様々な方が現代数学に触れることのできる機会を設けることにしました。

    その一環として、現代数学レクチャーシリーズと題し、数学者として活躍されている先生方の研究内容をできるだけそれに近い形で学んでいく講座を開講します。

    すうがくぶんかについて

    社会人のための数学教室すうがくぶんかでは、「もっと社会に数学を」を理念に学校を卒業した後も本格的な数学や統計学を学ぶ様々な機会を提供しています。本講座以外の講座につきましては開講講座一覧をぜひごらんください。