【無料公開講座_2019】多様体入門講座

2019年度、お申込受付中です。こちらからお申込みいただけます。

講座の概要

多様体というのは、高次元の空間を扱うための数学的な枠組みの一つです。この講座では多様体について、イメージの掴みやすい曲面の例から始めてその定義や調べ方についてごく初歩的な部分を紹介したいと思います。

通常高校までに扱う図形、あるいは幾何学的対象というのは平面内における直線や三角形、円であったり、空間内における多面体や球面など、あらかじめ用意された入れ物としての空間の中に図形が置かれているという状況を考えます。この講座でも平面や空間内に置かれた曲線や曲面についてその座標変換の様子であったり、曲がり具合をどのように測るかといった話から始めていきます。

曲面の曲がり方を測る量としてガウス曲率というものがあります。実はこのガウス曲率というものは、曲面がどのように三次元空間内に置かれているかということではなく曲面自身の持つ性質として定まっているということがわかります。別の言い方をすると、曲面を外から眺めることなくその曲がり方を定め、測ることができるということです。この事実はガウスの驚異の定理などと呼ばれています。

このような観察を通して、図形や空間というべきものを外側から眺めることなしに定義することができるという理解に至りました。この講座では、高次元の空間もそれを外から眺めることなく定義するという方法について説明することを目標とします。またそのような高次元の空間の例として、グラスマン多様体というものを紹介します。これらを通して、目に見えない高次元の空間の形や曲がり具合をどのように調べるか、その一端を紹介してみたいと思います。

受講にあたって

受講にあたって役に立つ知識
偏微分や重積分などの多変数の微積分の基本的な操作について。また簡単な行列の計算などの線形代数について。

目標
曲面についての計算についてイメージを掴み、高次元の空間を理解する手がかりを得る。

カリキュラム

1.曲線と曲面
2.ガウス曲率
3.高次元の多様体

講座詳細

名称 多様体入門
講師 梅崎直也
日程 9月1日(日) 10:00 – 17:00 (開場9:45)
場所 日本大学法学部2号館242講堂
教科書 講師オリジナルテキスト
※ テキスト代は受講料に含まれています。
受講料 無料
持ち物 筆記用具

お申込み

お申し込みは、お申込みページからお願いします。
※お手数ですが、件名に『多様体入門』を選択のうえ送信をお願いします。

お名前 (必須)


件名(必須)

お問合せ内容 詳細


講師からの一言

under construction.